女性

保育士を目指して大学へ飛び込もう|夢に向かってレッツゴー

なりたい職業に就くために

先生と子供

近年は好きなことを仕事にしようとする若者が増えています。中でも人気な資格が保育士です。保育士資格の取得は大学や短大専門学校などの保育課程を修了するか、独学で学び国家試験を直接するかの2通りの方法があります。このような資格取得の方法から自身に適した方法で学ぶことが大切です。

もっと読む

この資格を取りましょう

ウーマン

近年保育士の需要が高まっているのをご存知ですか。待機児童の問題が大きく叫ばれていますが、この問題を解決するために子育て支援の施策が講じられるようになってきました。国の安定と発展のためには少子化に歯止めをかけなくてはなりませんので、親が子供を産んで子育てをしやすい環境作りがとても大切です。その一環で保育施設の拡充が行われており、保育士の需要が高まっているのです。保育士になるには国家資格を取得しなくてはなりません。資格を取る方法は、保育士養成過程のある大学・短大や専門学校や通信制学校で必要課程を修了するか、国家試験に合格するかの2通りあります。とはいえ、いきなり国家試験に合格するのは困難なので、やはり保育士養成学校に通う方法が最も確実かつ近道です。

保育士の就職先は、保育所や保育園だけでなく、企業内にある保育施設や商業施設に設けられている託児所など、どんどん多様化しています。このように今後も保育士の活躍の場が広がっていくのは確実です。では、どのように学校を選べばよいでしょうか。四年制大学は4年間じっくり時間をかけて学ぶことができるメリットがあります。また、短大や専門学校は2〜3年なので勉強するスピードアップが必要ですが、そのぶん学費を抑えられます。通信制の学校は3年間の学習が必要ですが、自分の生活ペースを保てることや、通学するよりも学費が安いことが人気です。それぞれにメリットや魅力がありますので、ネットで情報収集したり、資料請求をしたりして、最も自分に合った学校を見つけてください。保育士を目指して大学などへ飛び込んでみましょう。

資格とその取得方法

ノートと筆記用具

保育士を目指す場合には、大学や専門学校などで保育士養成のコースを受け卒業するもしくは、1年に1回の資格試験に合格するという大きく2つの方法がある。取得する際の状況に応じて、どちらを選ぶか選択することがポイントになる。

もっと読む

夢を諦めない

勉強道具

保育士になる夢を諦めようとしている社会人、主婦の人は一体どれだけいるのでしょう。通信教育を利用すれば社会人でも主婦でも保育士の資格を取得出来る時代です。保育士は今まさに時代のニーズにあっている職業といえます。

もっと読む