女の人

保育士を目指して大学へ飛び込もう|夢に向かってレッツゴー

夢を諦めない

勉強道具

子供が好きで将来保育士さんになることを夢見ていたけれど、叶えることなく社会人になってしまったという人も世の中にはたくさんいます。保育士の仕事は、0歳児から5歳児までの年齢が異なる子供たちの命を預かる仕事です。ただ子供のお世話をしたり遊んだりするだけではなく、子供たちの安全を守りながらも健やかな成長を見守るというとても大きな役割と責任感が要される職業でもあります。ですから、それなりに専門的な知識を学ぶ昼用があります。一般的には保育士の資格を取得出来る専門学校、もしくは大学や短大などで専門的な勉強をして、試験に合格することによって現場で活躍することが出来るのです。このように、学校に通わなければならないといったイメージが強いことから、一定の年齢が過ぎてしまったときに夢を諦めてしまう人が多くいるのも現状です。しかし、毎日学校に通わず、社会人や主婦でも通信教育を利用すれば保育士の資格取得が可能になっています。実際に通信教育で資格を取得して夢を叶え、現場で活躍している人は多くいます。自分のペースで勉強をすることが出来るので、仕事が休みの日や家事の合間、通勤中、移動中などの時間を上手に利用して勉強に励むことだって可能なのです。

保育の現場では、待機児童と保育士不足の矛盾ともとれる問題が年々増えています。特に保育士不足は深刻で、次々に現場を離れてしまう資格所有者が多いようです。ですから、通信教育を利用して保育士の資格を持っていれば就職にもとても有利だといえます。通信といってもスクールによって様々なコースがありますので、自分のライフスタイルにあっているものを選ぶと無理なく勉強に励めます。